教育資金贈与信託のデメリット|30歳までに使い切れないと課税対象

教育資金贈与信託の流れを表した図

平成25年度の税制改正によって「教育資金贈与信託」という制度が設けられました。教育資金贈与信託とは信託銀行等に子供や孫の教育資金を信託すると1,500万円まで贈与税が無税となる制度です。

相続税対策として信託銀行等が積極的に案内していますが、実は、教育資金贈与信託を利用したからといって必ずしも節税効果が得られるわけでありません。こちらのページでは教育資金贈与信託の概要とデメリットについてご説明します。

1.教育資金贈与信託とは

教育資金贈与信託とは子供や孫への教育資金を信託銀行等に預けて管理してもらうと1,500万円まで無税で贈与できる制度です。なお、信託銀行とは通常の銀行業務に加えて信託業務をおこなっている銀行のことです。

1年間に110万円以上贈与すると通常であれば贈与税が課税されます。しかし、教育資金贈与信託で贈与すると1人あたり1,500万円まで贈与税が課税されません。ただし、教育資金贈与信託には年齢制限があります。30歳未満の子供や孫に対する教育資金の信託ではないと適用されません。子供や孫が30歳になると使えなくなってしまいます。

なお、贈与税の計算方法について詳しく知りたい方は「生前贈与の2つのメリットと4つのデメリット【相続税の節税対策】」をご覧ください。

2.教育資金贈与信託の対象

教育資金贈与信託を利用した場合、子供や孫が教育資金としてお金を使った後、その分のお金を信託銀行から引き出すという流れになります。それでは、どのような費用が教育資金として認められるのでしょうか?教育資金として認められる費用は大きく2つあります。

教育資金贈与信託の対象①学校等に直接支払われるお金

入学金や授業料など、学校等に直接支払われるお金は教育資金として認められ、1,500万円まで無税です。1,500万円を超えた場合は超えた分に対して贈与税が課税されます。「学校等に直接支払われるお金」には以下のものが該当します。

1,500万円まで無税となる教育資金の具体例

・保育料、入園料、入学金、授業料、受験料
・ランドセル、教科書、制服、上履き
・給食費、スクールバス代、遠足費、修学旅行費

教育資金贈与信託の対象②学校等以外に支払われるお金

学習塾やスポーツ教室の月謝など、学校等以外に支払われるお金は教育資金として認められ、500万円まで無税です。500万円を超えた場合は超えた分に贈与税が課税されます。「学校等以外に支払われるお金」には以下のものが該当します。

500万円まで無税となる教育資金の具体例

・学習塾やスポーツ教室の月謝
・習い事に使用する物品
・習い事に通うための交通費

ただし、平成31年度の税制改正によって、受贈者が23歳以上であれば習い事に使われるお金は対象外となりました。受贈者が23歳以上の場合、お料理教室の月謝などのお金は教育資金贈与信託の対象になりません。

この改正は平成31年7月1日以降に支払ったお金に対して適用されます。既に教育資金贈与信託を始めている方に対しても適用されますので注意してください。

3.教育資金贈与信託の税制改正

平成31年度の税制改正によって受贈者が23歳以上になった場合は習い事のお金は対象外となりましたが、その他にも税制改正によって以下の点が変わりました。

教育資金贈与信託の変更点①お申し込み期限が2年延長

お申し込み期限が2年延長されました。平成33年3月31日までに教育資金贈与信託のお申し込みをおこなえば、非課税枠を利用することができます。

教育資金贈与信託の変更点②在学中であれば40歳まで対象

受贈者が30歳になった時点で学校等に在学している場合、40歳まで期間を延長できることになりました。ただし、40歳になるまでに学校等を卒業した場合は、その年の年末に期間が終了し、使い切れなかった金額に対して贈与税が課税されます。

教育資金贈与信託の変更点③所得1,000万円以上の場合は対象外

受贈者の前年の合計所得金額が1,000万円を超える場合、教育資金贈与信託の非課税枠を利用することができなくなりました。

平成31年度の税制改正の内容について詳しく知りたい方は「平成31年度の相続税・贈与税の税制改正大綱のポイント【2019年度】」をご覧ください。

4.教育資金贈与信託のメリット

教育資金贈与信託を利用すると将来のための教育資金を一括で1,500万円まで無税で贈与できますので、短期的な相続税対策としては有効です。ただし、教育資金の贈与にはもともと贈与税が課税されません。子供や孫が高校や大学に入学するタイミングなど、必要な都度、教育資金として贈与すれば贈与税はかからないのです。

余命がわずかであり、すぐに相続税対策をする必要がある時には利用しても良いと思いますが、そうでなければ教育資金贈与信託を利用する必要はないでしょう。

なお、生前贈与で相続税対策をする際に一定の要件を満たしていなければ税務署に贈与を否認され、贈与額に対して相続税が課税されてしまう場合があります。生前贈与を否認されないための方法について詳しく知りたい方は「現金手渡し等の生前贈与を税務署に否認されないための注意点」をご覧ください。

5.教育資金贈与信託のデメリット

教育資金贈与信託を利用して贈与する場合のデメリットを3つご紹介します。

教育資金贈与信託のデメリット①手続きが大変

信託銀行等からお金を引き出す際に領収証等が必要です。例えば、スポーツ教室の月謝として支払った分のお金を信託銀行等から引き出す場合、スポーツ教室の領収書等をいちいち提出する必要があります。お金を使った都度、領収書等を信託銀行等に提出するのは手間がかかります。

教育資金贈与信託のデメリット②判定が難しい

教育資金として認められるかどうかの判定が難しく、信託銀行等に引き出しの申請をしても認められない場合があります。例えば、習い事に使うための楽器を買う場合、自分で購入したものは認められません。教育資金の対象として認められるには指導者から購入してもらう必要があります。信託銀行等からお金を引き出すには教育資金贈与信託に関する細かいルールをいちいち確認しなければならないのです。

教育資金贈与信託のデメリット③使い切れない分は課税対象

子供や孫が30歳になるまでに教育資金贈与信託として預けたお金を使い切れなかった場合は、残額を受贈者(子供や孫)が受け取るか、贈与者(親や祖父母)が受け取るか選択します。贈与者が受け取る場合は税金がかかりませんが、受贈者が受け取る場合は贈与税が課税されてしまいます。

6.教育資金贈与信託で使い切れない分に課税される税率

教育資金贈与信託で使い切れない分を受贈者が受け取る場合、贈与税が課税されます。贈与税の金額は以下の速算表で計算します。なお、贈与税には110万円の基礎控除がありますので、贈与額から110万円を差し引いた金額が「贈与税の課税対象となる金額」です

20歳以上の者が直系尊属から贈与を受けた場合の贈与税の速算表(平成27年以降)

贈与税の課税対象となる金額 税率 控除額
200万円以下 10%
200万円超〜400万円以下 15% 10万円
400万円超〜600万円以下 20% 30万円
600万円超〜1,000万円以下 30% 90万円
1,000万円超〜1,500万円以下 40% 190万円
1,500万円超〜3,000万円以下 45%

265万円

3,000万円超〜4,500万円以下 50% 415万円
4,500万円超 55% 640万円

仮に使い切れなかった金額が610万円の場合、基礎控除額を差し引くと610万円-110万円で500万円です。速算表を見ると贈与税の課税対象となる金額が500万円の場合は税率が20%で控除額が30万円ですので、贈与税の金額は500万円×0.2-30万円で70万円となります。

<使い切れなかった金額が610万円の場合に課税される贈与税額の計算式>
(610万円-110万円)×0.2-30万円=70万円

7.相続税対策の相談

教育資金贈与信託は1,500万円を無税で贈与できるので、短期的な相続税対策としては有効ですが教育費にしか使えません。他に有効な相続税対策の方法があるのであれば教育資金贈与信託はできるだけ使わない方が良いでしょう。

他にどのような相続税対策の手法があり、どのようにすれば効果的に節税できるのか知りたい方は佐藤和基税理士事務所にご相談ください。佐藤和基税理士事務所は相続税専門の税理士事務所で、相続税申告の実績が豊富です。相続税について相談したい方はお気軽にお問合せいただきますと幸いです。

相続税申告マニュアルを無料で進呈

相続税申告マニュアルとは、相続税申告の流れや必要書類について解説したマニュアルです。税理士選びのポイントや佐藤和基税理士事務所が選ばれる理由についても紹介していますので、ご参考にしていただきますと幸いです。

相続税申告マニュアルをご希望の方はフォームに必要事項を入力のうえ「送信する」をクリックしてください。相続税申告マニュアルのダウンロードURLをメールにてお送りします。なお、相続税申告マニュアルのダウンロードは無料です。

また、相続に関するお役立ち情報をお伝えしているメールマガジンを無料で配信しておりますので、関心がある方は「メルマガを受け取る」を選択してください。

必須

(例:佐藤和基)

必須

(例:satou@gmail.com)

必須

テキストを入力してください

※次の画面が出るまで、4〜5秒かかりますので、
続けて2回押さないようにお願いいたします。

入力がうまくいかない場合は、上記内容をご確認のうえメールにてご連絡ください。

送信先アドレス:info@souzoku-satou.com

相続マニュアル4冊を無料で進呈

メールマガジンの登録者に下記の相続マニュアル4冊を無料で進呈します。

・相続税申告マニュアル
・生命保険マニュアル
・税務調査対策マニュアル
・相続税還付マニュアル

営業マンにおすすめの相続の資格

相続の資格を取得して相続マーケットを開拓したいのであれば相続財産再鑑定士がおすすめです。特に売上を伸ばしたい保険・不動産の営業マンにおすすめの資格です。