相続税関連の用語集|相続専門の税理士が用語の意味を徹底解説

こちらのページでは相続税関連の用語の意味についてご説明します。下記の用語の中で意味を知りたい用語がありましたらクリックしてください。

目次

1.あ行で始まる相続税関連の用語

 ・赤道(あかみち)

 ・空き家対策特別措置法(あきやたいさくとくべつそちほう)

 ・家なき子特例(いえなきことくれい)

 ・遺産分割協議書(いさんぶんかつきょうぎしょ)

 ・遺留分(いりゅうぶん)

2.か行で始まる相続税関連の用語

 ・貸宅地(かしたくち)

 ・貸付事業用宅地等の特例(かしつけじぎょうようたくちとうのとくれい)

 ・貸家建付地(かしやたてつけち)

 ・教育資金贈与信託(きょういくしきんぞうよしんたく)

 ・協議分割(きょうぎぶんかつ)

 ・寄与分(きよぶん)

 ・限定承認(げんていしょうにん)

 ・広大地評価(こうだいちひょうか)

3.さ行で始まる相続税関連の用語

 ・財産評価基本通達(ざいさんひょうかきほんつうたつ)

 ・指定分割(していぶんかつ)

 ・小規模宅地等の特例(しょうきぼたくちとうのとくれい)

 ・生前贈与加算(せいぜんぞうよかさん)

 ・借地権(しゃくちけん)

 ・税務代理権限証書(ぜいむだいりけんげんしょうしょ)

 ・相次相続控除(そうじそうぞくこうじょ)

 ・相続時精算課税制度(そうぞくじせいさんかぜいせいど)

 ・相続税額の2割加算(そうぞくぜいがくのにわりかさん)

 ・相続税の基礎控除額(そうぞくぜいのきそこうじょがく)

 ・相続放棄(そうぞくほうき)

4.た行で始まる相続税関連の用語

 ・定期贈与(ていきぞうよ)

 ・特定路線価(とくていろせんか)

 ・特定居住用宅地等の特例(とくていきょじゅうようたくちとうのとくれい)

 ・特別受益(とくべつじゅえき)

 ・土地の無償返還に関する届出書(とちのむしょうへんかんにかんするとどけでしょ)

5.は行で始まる相続税関連の用語

 ・配偶者控除(はいぐうしゃこうじょ)

 ・倍率方式(ばいりつほうしき)

 ・法定相続人(ほうていそうぞくにん)

 ・法定相続分(ほうていそうぞくぶん)

6.ま行で始まる相続税関連の用語

 ・みなし相続財産(みなしそうぞくざいさん)

7.や行で始まる相続税関連の用語

 ・遺言書(ゆいごんしょ)

 ・養子縁組(ようしえんぐみ)

8.ら行で始まる相続税関連の用語

 ・連年贈与(れんねんぞうよ)

 ・路線価方式(ろせんかほうしき)

1.あ行で始まる相続税関連の用語

赤道(あかみち)

赤道とは、国が所有していますが道路法の適用のない道路のことです。赤道の評価方法について詳しく知りたい方は「赤道の評価方法|相続した土地に赤道が通っている場合の不動産評価」をご覧ください。

空き家対策特別措置法(あきやたいさくとくべつそちほう)

空き家対策特別措置法とは、平成27年に空き家を減らすために施行された法律です。空き家対策特別措置法について詳しく知りたい方は「空き家の固定資産税改正と相続税|空き家対策特別措置法と空き家問題」をご覧ください。

家なき子特例(いえなきことくれい)

家なき子特例とは、故人と同居していなかった親族でも一定の要件を満たすと土地の相続税を最大80%減額できる制度です。家なき子特例について詳しく知りたい方は「家なき子特例の要件【改正版】|小規模宅地等の特例で相続税対策」をご覧ください。

遺産分割協議書(いさんぶんかつきょうぎしょ)

遺産分割協議書とは、遺産の分け方について相続人全員で話し合って決めた内容をまとめた書面です。遺産分割協議書について詳しく知りたい方は「遺産分割協議書とは」をご覧ください。

遺留分(いりゅうぶん)

遺留分とは、一定の範囲の法定相続人に認められた最低限遺産を取得できる権利です。遺留分について詳しく知りたい方は「遺産相続の遺留分の割合|孫・兄弟姉妹・子供・配偶者・親の取得分」をご覧ください。

2.か行で始まる相続税関連の用語

貸宅地(かしたくち)

貸宅地とは、第三者に貸している土地のことです。貸宅地の評価方法について詳しく知りたい方は「借地権と貸宅地の違いと相続税評価額の計算方法」をご覧ください。

貸付事業用宅地等の特例(かしつけじぎょうようたくちとうのとくれい)

貸付事業用宅地等の特例とは、不動産貸付業に使っていた土地を相続する際に一定の要件を満たすと土地の評価額を最大50%減額できる制度です。貸付事業用宅地等の特例について詳しく知りたい方は「貸付事業用宅地等の特例とは|平成30年度の税制改正で要件見直し」をご覧ください。

貸家建付地(かしやたてつけち)

貸家建付地とは、自己所有の土地に賃貸用の建物を建て、他人に貸している場合の土地のことです。貸家建付地の評価方法について詳しく知りたい方は「貸家建付地の相続税評価額の計算方法|賃貸割合と借地権割合とは」をご覧ください。

教育資金贈与信託(きょういくしきんぞうよしんたく)

教育資金贈与信託とは、子供や孫への教育資金を信託銀行等に預けて管理してもらうことで、贈与税の非課税枠が適用される制度です。教育資金贈与信託について詳しく知りたい方は「教育資金贈与信託のデメリット|30歳までに使い切れないと課税対象」をご覧ください。

協議分割(きょうぎぶんかつ)

協議分割とは、遺産の分け方について相続人全員で話し合って決めることです。協議分割について詳しく知りたい方は「指定分割と協議分割」をご覧ください。

寄与分(きよぶん)

寄与分とは、故人の財産維持に貢献した相続人の遺産取得分を増額する制度です。寄与分について詳しく知りたい方は「寄与分とは」をご覧ください。

限定承認(げんていしょうにん)

限定承認とは、相続で得た財産を限度として被相続人の債務を返済する相続方法のことです。限定承認について詳しく知りたい方は「限定承認のメリット・デメリット|手続き期限と課税される税金」をご覧ください。

広大地評価(こうだいちひょうか)

広大地評価とは、500㎡以上の広大な土地を相続した場合に土地評価額を最大65%減額できる制度です。広大地評価について詳しく知りたい方は「広大地評価が相続税の税制改正で廃止|地積規模の大きな宅地の評価」をご覧ください。

3.さ行で始まる相続税関連の用語

財産評価基本通達(ざいさんひょうかきほんつうたつ)

財産評価基本通達とは、相続税や贈与税を計算する際の価額評価基準を示したものです。財産評価基本通達について詳しく知りたい方は「相続財産の評価方法|相続税法22条と財産評価基本通達の時価とは」をご覧ください。

指定分割(していぶんかつ)

指定分割とは、遺言書によって遺産の分け方を指定することです。指定分割について詳しく知りたい方は「指定分割と協議分割」をご覧ください。

小規模宅地等の特例(しょうきぼたくちとうのとくれい)

小規模宅地等の特例とは、一定の要件を満たすと土地の相続税評価額を最大80%減額できる制度です。小規模宅地等の特例の要件について詳しく知りたい方は「小規模宅地等の特例の要件【改正版】|土地の相続税評価を最大8割減」をご覧ください。

生前贈与加算(せいぜんぞうよかさん)

生前贈与加算とは、亡くなる3年前以内に故人から贈与を受けていた場合、贈与を受けた人の相続税課税価格に贈与額を加算する規定のことです。生前贈与加算について詳しく知りたい方は「生前贈与加算とは|相続人以外への贈与は3年以内でも対象外」をご覧ください。

借地権(しゃくちけん)

借地権とは、第三者が持っている土地を借りて、その土地に自己所有の建物を建てる権利です。借地権の評価方法について詳しく知りたい方は「借地権と貸宅地の違いと相続税評価額の計算方法」をご覧ください。

税務代理権限証書(ぜいむだいりけんげんしょうしょ)

税務代理権限証書とは、税理士が納税者の代わりに申告書を作成する場合に税務署に提出する書類です。税務代理権限証書について詳しく知りたい方は「税務代理権限証書とは|相続税の修正申告・還付請求の必要書類」をご覧ください。

相次相続控除(そうじそうぞくこうじょ)

相次相続控除とは、相続が発生してから10年以内に相続が発生した場合、一定の金額を控除できる制度です。相次相続控除について詳しく知りたい方は「相次相続控除とは|一次相続と二次相続が10年以内なら税金が減額」をご覧ください。

相続時精算課税制度(そうぞくじせいさんかぜいせいど)

相続時精算課税制度とは、合計2,500万円まで贈与税を無税とする代わりに相続時に贈与分に相続税を課税する制度です。相続時精算課税制度について詳しく知りたい方は「相続時精算課税制度のデメリットと注意点|手続き期間と節税効果」をご覧ください。

相続税額の2割加算(そうぞくぜいがくのにわりかさん)

相続税額の2割加算とは、配偶者・子供・親以外が相続や遺贈により故人の遺産を取得した場合、相続税が2割増しになる制度です。相続税額の2割加算について詳しく知りたい方は「相続税額の2割加算の計算方法|婿養子は二割加算の対象者なのか」をご覧ください。

相続税の基礎控除額(そうぞくぜいのきそこうじょがく)

相続税の基礎控除額とは、相続税の計算をする際に相続財産の課税価格から差し引くことのできる金額です。相続税の基礎控除額について詳しく知りたい方は「相続税の基礎控除額とは|基礎控除額以下であれば申告と納税は不要」をご覧ください。

相続放棄(そうぞくほうき)

相続放棄とは、亡くなった人の財産も負債も全て拒否することです。相続放棄について詳しく知りたい方は「相続放棄のメリット・デメリットとやり方|親の借金・負債を否認」をご覧ください。

4.た行で始まる相続税関連の用語

定期贈与(ていきぞうよ)

定期贈与とは、毎年一定の金額を贈与することが決まっている贈与のことです。定期贈与について詳しく知りたい方は「定期贈与と連年贈与の違いとは|贈与税の時効と生前贈与の注意点」をご覧ください。

特定路線価(とくていろせんか)

特定路線価とは、土地の評価をする際に税務署に申請して設定してもらう路線価のことです。特定路線価について詳しく知りたい方は「特定路線価とは|私道に面した土地の評価方法(行き止まり私道)」をご覧ください。

特定居住用宅地等の特例(とくていきょじゅうようたくちとうのとくれい)

特定居住用宅地等の特例とは、被相続人等が居住用に使っていた土地を相続人が居住用に使った場合、土地の評価額を最大80%減額できる制度です。特定居住用宅地等の特例について詳しく知りたい方は「特定居住用宅地等の特例とは|同居・生計一親族の居住用の土地を減額」をご覧ください。

特別受益(とくべつじゅえき)

特別受益とは、相続人が故人から受ける特別な利益のことです。特別受益について詳しく知りたい方は「相続の特別受益とは|特別受益がある場合の相続税の計算方法」をご覧ください。

土地の無償返還に関する届出書(とちのむしょうへんかんにかんするとどけでしょ)

土地の無償返還に関する届出書とは、土地を借りている法人が将来貸主に土地を無償で返還することを税務署に意思表示するための書面です。土地の無償返還に関する届出書について詳しく知りたい方は「土地の無償返還に関する届出書とは|借地権の認定課税を避ける方法」をご覧ください。

5.は行で始まる相続税関連の用語

配偶者控除(はいぐうしゃこうじょ)

配偶者控除とは、配偶者の相続税を軽減するための制度です。配偶者控除について詳しく知りたい方は「相続税の配偶者控除(税額軽減)の計算例|1億6千万円が非課税」をご覧ください。

倍率方式(ばいりつほうしき)

倍率方式とは、路線価が設定されていない地域の土地の評価方法です。倍率方式について詳しく知りたい方は「土地の相続税評価|路線価と倍率地域の計算方法」をご覧ください。

法定相続人(ほうていそうぞくにん)

法定相続人とは、民法で定められた相続人のことです。法定相続人について詳しく知りたい方は「法定相続人とは|相続の優先順位と法定相続人の範囲について解説」をご覧ください。

法定相続分(ほうていそうぞくぶん)

法定相続分とは、民法で定められた遺産取得分の目安のことです。法定相続分について詳しく知りたい方は「法定相続分とは|どの相続人が遺産をどのくらいもらえるのか解説」をご覧ください。

6.ま行で始まる相続税関連の用語

みなし相続財産(みなしそうぞくざいさん)

みなし相続財産とは、民法上の相続財産ではありませんが、相続税を計算する際は相続財産とみなして相続税を課税する財産のことです。みなし相続財産について詳しく知りたい方は「みなし相続財産とは|生命保険金等と死亡退職金等の非課税枠の計算例」をご覧ください。

7.や行で始まる相続税関連の用語

遺言書(ゆいごんしょ)

遺言書とは、自分の死後に財産を誰にどのように分けるのか示したものです。遺言書について詳しく知りたい方は「遺言書の書き方と文例|効力が無い遺言書を作成しないための注意点」をご覧ください。

養子縁組(ようしえんぐみ)

養子縁組とは、血縁関係とは無関係に親子関係を生じさせる制度です。養子縁組について詳しく知りたい方は「養子縁組とは|普通養子縁組と特別養子縁組の違いと代襲相続」をご覧ください。

8.ら行で始まる相続税関連の用語

連年贈与(れんねんぞうよ)

連年贈与とは、毎年贈与をおこなうことです。連年贈与について詳しく知りたい方は「定期贈与と連年贈与の違いとは|贈与税の時効と生前贈与の注意点」をご覧ください。

路線価方式(ろせんかほうしき)

路線価方式とは、路線価が設定されている土地の評価方法です。路線価方式について詳しく知りたい方は「土地の相続税評価|路線価と倍率地域の計算方法」をご覧ください。

相続税申告マニュアルを無料で進呈

相続税申告マニュアルとは、相続税申告の流れや必要書類について解説したマニュアルです。税理士選びのポイントや佐藤和基税理士事務所が選ばれる理由についても紹介していますので、ご参考にしていただきますと幸いです。

相続税申告マニュアルをご希望の方はフォームに必要事項を入力のうえ「送信する」をクリックしてください。相続税申告マニュアルのダウンロードURLをメールにてお送りします。なお、相続税申告マニュアルのダウンロードは無料です。

また、相続に関するお役立ち情報をお伝えしているメールマガジンを無料で配信しておりますので、関心がある方は「メルマガを受け取る」を選択してください。

必須

(例:佐藤和基)

必須

(例:satou@gmail.com)

必須

テキストを入力してください

※次の画面が出るまで、4〜5秒かかりますので、
続けて2回押さないようにお願いいたします。

入力がうまくいかない場合は、上記内容をご確認のうえメールにてご連絡ください。

送信先アドレス:info@souzoku-satou.com

相続マニュアル4冊を無料で進呈

メールマガジンの登録者に下記の相続マニュアル4冊を無料で進呈します。

・相続税申告マニュアル
・生命保険マニュアル
・税務調査対策マニュアル
・相続税還付マニュアル

営業マンにおすすめの相続の資格

相続の資格を取得して相続マーケットを開拓したいのであれば相続財産再鑑定士がおすすめです。特に売上を伸ばしたい保険・不動産の営業マンにおすすめの資格です。