単純承認とは|相続放棄・限定承認との違いを解説【税理士監修】

民法では故人の遺産を誰が相続するのか定めています。民法で定められた相続人を「法定相続人」と言います。ただし、法定相続人だからといって必ずしも遺産を相続しなければいけないわけではありません。

法定相続人は「単純承認」、「限定承認」、「相続放棄」の3つの相続方法から選ぶことができます。こちらのページでは単純承認・限定承認・相続放棄の違いについてご説明します。

1.単純承認とは

単純承認とは、プラスの財産もマイナスの財産も全て相続することです。仮に故人の財産が1,000万円で借金が4,000万円の場合、単純承認を選ぶと1,000万円の財産を受け取ることができますが、借金4,000万円を故人の代わりに弁済しなければいけません。

単純承認と限定承認の違い

限定承認とは、プラスの財産の範囲でマイナスの財産を引き継ぐ相続方法です。故人の財産が1,000万円で借金が4,000万円あり、限定承認を選んだ場合、弁済しなければいけない借金は1,000万円です。残りの借金3,000万円について、債権者は弁済を求めることができません。限定承認のメリットとデメリットについては「限定承認の5つのメリットと4つのデメリット|手続きの流れと期限」をご覧ください。

単純承認と相続放棄の違い

相続放棄とは、プラスの財産もマイナスの財産も全て引き継がない相続方法です。故人の財産が1,000万円で借金が4,000万円あり、相続放棄を選んだ場合、1,000万円の財産を受け取ることができなくなりますが、借金を弁済する必要がなくなります。相続放棄のメリットとデメリットについては「相続放棄のメリット・デメリットとやり方|親の借金・負債を否認」をご覧ください。

2.単純承認の手続き

単純承認を選択する場合、手続きをする必要はありません。相続開始を知った日から3ヵ月以内に限定承認の手続きも相続放棄の手続きもしなかった場合は自動的に単純承認を選んだとみなされます。

3.法定単純承認とは

何も手続きをしなければ単純承認を選んだことになりますが、法律により以下の行為をおこなった場合は相続人の意思と関係なく単純承認を選んだとみなされます。この制度を「法定単純承認」と言い、法定単純承認が成立した場合、限定承認や相続放棄を選ぶことができなくなるので注意が必要です。

法定単純承認に該当する行為①相続財産を処分する

相続人が相続財産の全て、もしくは一部を処分した場合、単純承認を選んだとみなされ、限定承認や相続放棄を選ぶことができなくなります。故人の不動産を売却したり、改修したりすると単純承認を選んだことになります。

法定単純承認に該当する行為②相続財産を隠す

相続人が故意に相続財産を隠した場合、単純承認を選んだことになります。仮に限定承認や相続放棄をした後に相続財産を隠していたことが発覚した場合、限定承認や相続放棄が無効となり、単純承認を選んだことになります。

4.相続対策の相談

相続の方法を選ぶ際は、相続財産と借金を正確に把握してから検討することをお勧めします。借金が多いからといって安易に相続放棄を選んでしまうと、後から高価な財産が見つかり後悔してしまう方も少なくありません。

相続について専門家のアドバイスを受けたい方は佐藤和基税理士事務所にご相談ください。佐藤和基税理士事務所は相続税専門の税理士事務所で、相続に関する知識や実績が豊富です。相続税について相談したい方はお気軽にお問合せいただきますと幸いです。

相続税申告マニュアルを無料で進呈

相続税申告マニュアルとは、相続税申告の流れや必要書類について解説したマニュアルです。税理士選びのポイントや佐藤和基税理士事務所が選ばれる理由についても紹介していますので、ご参考にしていただきますと幸いです。

相続税申告マニュアルをご希望の方はフォームに必要事項を入力のうえ「送信する」をクリックしてください。相続税申告マニュアルのダウンロードURLをメールにてお送りします。なお、相続税申告マニュアルのダウンロードは無料です。

また、相続に関するお役立ち情報をお伝えしているメールマガジンを無料で配信しておりますので、関心がある方は「メルマガを受け取る」を選択してください。

必須

(例:佐藤和基)

必須

(例:satou@gmail.com)

必須

テキストを入力してください

※次の画面が出るまで、4〜5秒かかりますので、
続けて2回押さないようにお願いいたします。

入力がうまくいかない場合は、上記内容をご確認のうえメールにてご連絡ください。

送信先アドレス:info@souzoku-satou.com

相続マニュアル4冊を無料で進呈

メールマガジンの登録者に下記の相続マニュアル4冊を無料で進呈します。

・相続税申告マニュアル
・生命保険マニュアル
・税務調査対策マニュアル
・相続税還付マニュアル

営業マンにおすすめの相続の資格

相続の資格を取得して相続マーケットを開拓したいのであれば相続財産再鑑定士がおすすめです。特に売上を伸ばしたい保険・不動産の営業マンにおすすめの資格です。