法定相続人とは|相続の優先順位と法定相続人の範囲について解説

民法では亡くなった人の財産を誰が相続するのか定めています。民法で定められた相続人を「法定相続人」と言います。こちらのページでは法定相続人についてご説明します。

1.法定相続人とは

民法第886条~第895条では相続人について定めています。民法で定められた相続人を「法定相続人」と言い、故人が遺言書を作成していなかった場合は法定相続人全員で話し合って遺産の分け方を決めます。

2.法定相続人の範囲

法定相続人になれるのは故人の配偶者と血族です。配偶者はどのような場合であっても法定相続人になりますが、血族には優先順位が定められており、優先順位が高い人が法定相続人になります。

法定相続人の優先順位

血族の中で最も優先順位が高いのは子供です。故人に親や兄弟姉妹がいたとしても、子供がいる場合は子供が法定相続人になります。配偶者と子供がいる場合は配偶者と子供が法定相続人になり、配偶者がおらず子供がいる場合は子供のみが法定相続人になります。

子供の次に優先順位が高いのは親です。故人に子供がおらず親がいる場合は親が法定相続人になります。配偶者と親がいる場合は配偶者と親が法定相続人になり、配偶者がおらず親がいる場合は親のみが法定相続人になります。

優先順位が最も低いのは兄弟姉妹です。故人に子供や親がおらず兄弟姉妹がいる場合は兄弟姉妹が法定相続人になります。配偶者と兄弟姉妹がいる場合は配偶者と兄弟姉妹が法定相続人になり、配偶者がおらず兄弟姉妹がいる場合は兄弟姉妹のみが法定相続人になります。

なお、配偶者や血族がおらず、遺言書がない場合、遺産は国庫に帰属することになります。誰が法定相続人になるのか詳しく知りたい方は「遺産相続人の範囲と順位|誰が法定相続人でいくら相続するのか」をご覧ください。

また、民法では法定相続人が遺産をいくら取得するのかについての目安を定めています。民法で定められた遺産取得分の目安のことを法定相続分と言います。法定相続分について詳しく知りたい方は「法定相続分とは|どの相続人が遺産をどのくらいもらえるのか解説」をご覧ください。

3.法定相続人の注意点

法定相続人に関する注意点について5つご紹介します。

法定相続人の注意点①内縁の妻は法定相続人になれない

配偶者はどのような場合であっても法定相続人になりますが、内縁の妻や事実婚のパートナーなど、婚姻関係がない人は法定相続人になることができません

法定相続人の注意点②養子は法定相続人になれる

養子縁組をおこなうと親子関係にない人と法律上の親子関係を生じさせることができます。養子は法定相続人になることができます

法定相続人の注意点③子供が亡くなっている場合は孫が法定相続人

子供が亡くなっている場合、その子供の子供(孫)が代わりに法定相続人になります。代わりに法定相続人になることを「代襲相続」と言います。孫も亡くなっている場合はひ孫というように下へ下へと何代でも続きます。

法定相続人の注意点④親が亡くなっている場合は祖父母が法定相続人

親が亡くなっている場合、その親の親(祖父母)が代わりに法定相続人になります。なお、祖父母も亡くなっている場合は曾祖父母というように上へ上へと何代でも続きます

法定相続人の注意点⑤兄弟姉妹が亡くなっている場合は甥や姪が法定相続人

兄弟姉妹が亡くなっている場合、その兄弟姉妹の子供(甥や姪)が代わりに法定相続人になります。なお、兄弟姉妹の代襲相続は1代のみです。

4.法定相続人の数が関係する規定

法定相続人だからといって必ずしも遺産を相続しなければいけないわけではありません。相続を放棄することも可能です。ただし、相続を放棄した場合は故人の財産も借金も全て相続できなくなります。相続放棄について詳しく知りたい方は「相続放棄のメリット・デメリットとやり方|親の借金・負債を否認」をご覧ください。

相続放棄をした場合、相続人ではなくなりますが、法定相続人の数が関係する規定において、相続放棄した人も法定相続人の数に含めて計算します。法定相続人の数が関係する規定を3つご紹介します。

法定相続人の数が関係する規定①相続税の基礎控除額

相続財産が一定の金額を超えなければ相続税は課税されません。このボーダーラインとなる金額のことを「相続税の基礎控除額」と言います。相続税の基礎控除額は「3,000万円+(600万円×法定相続人の数)」で計算するのですが、法定相続人の数に相続放棄をした人も含めます。

相続税の基礎控除額について詳しく知りたい方は「相続税の基礎控除額とは|基礎控除額以下であれば申告と納税は不要」をご覧ください。

法定相続人の数が関係する規定②生命保険金等の非課税額

被相続人の死亡により取得した生命保険金で、その保険料を被相続人が払っていた場合は相続税が課税されますが、生命保険金等には相続税の非課税枠があります。生命保険金等の非課税額は「500万円×法定相続人の数」で計算するのですが、法定相続人の数に相続放棄をした人も含めます。

生命保険金等の非課税額について詳しく知りたい方は「生命保険で相続税の節税対策|非課税枠で税金を控除する仕組み」をご覧ください。

法定相続人の数が関係する規定③退職手当金等の非課税額

被相続人の死亡により取得した退職手当金等には相続税が課税されますが、退職手当金等には相続税の非課税枠があります。退職手当金等の非課税額は「500万円×法定相続人の数」で計算するのですが、法定相続人の数に相続放棄をした人も含めます。

退職手当金等の非課税額について詳しく知りたい方は「死亡退職金と弔慰金の相続税の計算方法|非課税枠での節税対策」をご覧ください。

5.相続税対策の相談

適切な相続税対策をおこなうには相続に関するあらゆる規定を理解している必要があります。十分に理解せずに相続税対策をおこなってしまうと、かえって税金が高くなってしまうおそれがあります。

効果的な相続税対策をおこないたい方は佐藤和基税理士事務所にご相談ください。佐藤和基税理士事務所は相続専門の税理士事務所で、相続に関する知識や実績が豊富です。税金をできる限り安くする手法についてアドバイスします。

相続税申告マニュアルを無料で進呈

相続税申告マニュアルとは、相続税申告の流れや必要書類について解説したマニュアルです。税理士選びのポイントや佐藤和基税理士事務所が選ばれる理由についても紹介していますので、ご参考にしていただきますと幸いです。

相続税申告マニュアルをご希望の方はフォームに必要事項を入力のうえ「送信する」をクリックしてください。相続税申告マニュアルのダウンロードURLをメールにてお送りします。なお、相続税申告マニュアルのダウンロードは無料です。

また、相続に関するお役立ち情報をお伝えしているメールマガジンを無料で配信しておりますので、関心がある方は「メルマガを受け取る」を選択してください。

必須

(例:佐藤和基)

必須

(例:satou@gmail.com)

必須

テキストを入力してください

※次の画面が出るまで、4〜5秒かかりますので、
続けて2回押さないようにお願いいたします。

入力がうまくいかない場合は、上記内容をご確認のうえメールにてご連絡ください。

送信先アドレス:info@souzoku-satou.com

相続マニュアル4冊を無料で進呈

メールマガジンの登録者に下記の相続マニュアル4冊を無料で進呈します。

・相続税申告マニュアル
・生命保険マニュアル
・税務調査対策マニュアル
・相続税還付マニュアル

営業マンにおすすめの相続の資格

相続の資格を取得して相続マーケットを開拓したいのであれば相続財産再鑑定士がおすすめです。特に売上を伸ばしたい保険・不動産の営業マンにおすすめの資格です。