相続税専門の税理士が相続税の節税方法について徹底解説

相続税の教科書とは

相続税の教科書とは、相続税に関する知識や節税対策のノウハウを学べるサイトです。相続税専門の税理士が実務経験に基づいた知識やノウハウをご提供します。

このような方におすすめ

相続の知識やノウハウを学びたい方

相続の知識が無く、適切な相続準備をしなければ多額の税金が課税され生活が圧迫されてしまう場合があります。相続税の教科書では相続の基本的な知識について解説しています。

相続税をできる限り節税したい方

相続税を節税する方法は相続財産の内容や相続人が誰になるかによって異なります。相続税の教科書では相続税を節税するための様々な手法について解説しています。

相続税の還付請求をおこないたい方

相続税還付とは申告済みの相続税申告書の内容を修正し、多く払い過ぎた相続税分を返金してもらうことです。相続税の教科書では相続税還付の成功事例について紹介しています。

相続税の教科書の目次

1章.相続の基本・法律

相続税の教科書の1章では、相続の基本的な知識や法律について説明します。近年の税制改正の内容についてもまとめているので参考にしてください。

1-1.平成30年度の税制改正大綱のポイント

相続税の教科書の1章の1節では、平成30年度の税制改正大綱のポイントについて説明します。相続税や贈与税など資産税に関する法改正の内容についてまとめているので参考にしてください。

1-1-1.貸付事業用宅地等の特例の要件見直し

相続税の教科書の1章の1節の1項では、貸付事業用宅地等の特例の要件見直しについて説明します。小規模宅地等の特例の一種である貸付事業用宅地等の特例の要件が平成30年4月1日より変わりました。相続税対策として賃貸アパートや駐車場の建設を検討している方は参考にしてください。

2章.遺産分割の方法

相続税の教科書の2章では、遺産分割の方法について説明します。遺産分割に関する基本的な知識についてまとめているので参考にしてください。

2-1.指定分割と協議分割

相続税の教科書の2章の1節では、指定分割と協議分割について説明します。遺産分割協議が整わない場合や行方不明者がおり協議ができない場合についてもまとめているので参考にしてください。

2-2.遺言書の書き方

相続税の教科書の2章の2節では、遺言書の書き方について説明します。遺言書の作成手続きや文例についてもまとめているので参考にしてください。

2-3.遺留分とは

相続税の教科書の2章の3節では、遺留分について説明します。遺留分を侵害された場合の対応方法についてもまとめているので参考にしてください。

2-4.相続人の範囲

相続税の教科書の2章の4節では、相続人の範囲について説明します。相続人がいない場合についてもまとめているので参考にしてください。

2-5.相続人と法定相続人の違い

相続税の教科書の2章の5節では、相続人と法定相続人の違いについて説明します。相続人と法定相続人の意味の違いを理解していないと相続税の計算を誤ってしまう場合があるので注意してください。

2-6.法定相続分とは

相続税の教科書の2章の6節では、法定相続分について説明します。遺言書がなく、遺産の分け方を協議で決める際には法定相続分を参考に話し合ってください。

2-7.寄与分とは

相続税の教科書の2章の7節では、寄与分について説明します。故人の事業を手伝ったり療養看護をしていた人がいた場合は参考にしてください。

2-8.特別受益とは

相続税の教科書の2章の8節では、特別受益について説明します。一部の相続人だけが生前贈与や遺贈などで多額の遺産を受け取っている場合は参考にしてください。

2-9.不動産や株式の分割方法

相続税の教科書の2章の9節では、不動産や株式の分割方法について説明します。相続財産に土地や家屋などの不動産や株式が含まれている場合は参考にしてください。

2-10.遺産分割協議書とは

相続税の教科書の2章の10節では、遺産分割協議書について説明します。法務局や銀行の相続手続きで必要になる場合があるので参考にしてください。

2-11.相続人が未成年者の場合の遺産分割協議

相続税の教科書の2章の11節では、相続人が未成年者の場合の遺産分割協議について説明します。相続人に未成年者が含まれている場合は参考にしてください。

2-12.兄弟姉妹が相続人の場合の遺産分割の注意点

相続税の教科書の2章の12節では、兄弟姉妹が相続人の場合の遺産分割の注意点について説明します。兄弟姉妹が相続人になる場合は参考にしてください。

2-13.生命保険の受取人を遺言書で変更した場合の相続税

相続税の教科書の2章の13節では、生命保険の受取人を遺言書で変更した場合の相続税について説明します。生命保険の受取人を遺言書で変更する場合は参考にしてください。

3章.相続税の計算方法

相続税の教科書の3章では、相続税の計算方法について説明します。相続税の計算式や財産の評価方法についてまとめているので参考にしてください。

3-1.非課税財産とみなし相続財産

相続税の教科書の3章の1節では、非課税財産とみなし相続財産について説明します。相続税を計算する際には非課税財産とみなし相続財産の取り扱いに注意してください。

3-2.生前贈与加算とは

相続税の教科書の3章の2節では、生前贈与加算について説明します。生前贈与により相続税の節税対策をおこなうのであれば生前贈与加算にならないように注意してください。

3-3.相続時精算課税制度とは

相続税の教科書の3章の3節では、相続時精算課税制度について説明します。相続時精算課税制度のデメリットについてもまとめているので、相続時精算課税制度の利用を検討している方は参考にしてください。

3-4.相続税の基礎控除とは

相続税の教科書の3章の4節では、相続税の基礎控除について説明します。遺産の金額が基礎控除額を超えない場合は相続税を支払う必要がないので、基礎控除額について確認してみてください。

3-5.相続税の税額控除対象一覧

相続税の教科書の3章の5節では、相続税の税額控除対象一覧について説明します。相続税の計算をする際には税額控除の項目が抜け漏れていないか確認するようにしてください。

3-5-1.配偶者控除とは

相続税の教科書の3章の5節の1項では、相続税の配偶者控除について説明します。配偶者が遺産を相続する場合は参考にしてください。

3-5-2.相次相続控除とは

相続税の教科書の3章の5節の2項では、相次相続控除について説明します。一次相続と二次相続の間が10年以内の場合は参考にしてください。

3-6.相続税額の2割加算とは

相続税の教科書の3章の6節では、相続税額の2割加算について説明します。配偶者・子供・親以外の相続人がいる場合は参考にしてください。

3-7.相続財産の評価方法

相続税の教科書の3章の7節では、相続財産の評価方法について説明します。相続税の計算をする際には参考にしてください。

3-8.土地の評価方法

相続税の教科書の3章の8節では、土地の評価方法について説明します。相続財産に土地が含まれている場合は参考にしてください。

3-9.特定路線価とは

相続税の教科書の3章の9節では、特定路線価について説明します。路線価が設定されていない行き止まり私道に接する土地を評価する場合は参考にしてください。

3-10.貸宅地と借地権の評価方法

相続税の教科書の3章の10節では、貸宅地と借地権の評価方法について説明します。故人が土地を貸したり借りたりしていた場合は参考にしてください。

3-11.貸家建付地の評価方法

相続税の教科書の3章の11節では、貸家建付地の評価方法について説明します。貸家・賃貸アパート・賃貸マンションなど賃貸物件を相続する場合は参考にしてください。

3-12.広大地の評価方法

相続税の教科書の3章の12節では、広大地の評価方法について説明します。500㎡以上の広大な土地を相続する場合は参考にしてください。

3-12-1.赤道がある広大地の評価方法

相続税の教科書の3章の12節の1項では、赤道がある広大地の評価方法について説明します。広大地に赤道が通っている場合は参考にしてください。

3-13.家屋の評価方法

相続税の教科書の3章の13節では、家屋の評価方法について説明します。故人が住んでいた家や人に貸していた家を相続する場合は参考にしてください。

3-14.株式・株券の評価方法

相続税の教科書の3章の14節では、株式・株券の評価方法について説明します。相続財産に株式・株券が含まれている場合は参考にしてください。

3-15.死亡退職金・弔慰金の評価方法

相続税の教科書の3章の15節では、死亡退職金・弔慰金の評価方法について説明します。亡くなった人が会社経営者の場合、死亡退職金で節税対策をおこなうことができるので参考にしてください。

4章.相続税の節税対策

相続税の教科書の4章では、相続税の節税対策について説明します。相続税を節税するための様々な手法についてまとめているので参考にしてください。

4-1.生前贈与による節税対策

相続税の教科書の4章の1節では、生前贈与による節税対策について説明します。生前贈与のメリットとデメリットについてまとめているので参考にしてください。

4-1-1.生前贈与の注意点

相続税の教科書の4章の1節の1項では、生前贈与の注意点について説明します。一定の要件を満たしていなければ生前贈与を税務署に否認されてしまい、多額の相続税が課税されてしまう場合があるので注意してください。

4-1-2.連年贈与と定期贈与の違い

相続税の教科書の4章の1節の2項では、連年贈与と定期贈与の違いについて説明します。定期贈与とみなされてしまうと1年間の贈与額が110万円以下でも贈与税が課税されてしまうので注意してください。

4-2.生命保険による節税対策

相続税の教科書の4章の2節では、生命保険による節税対策について説明します。生命保険がなぜ相続税対策になるのかまとめているので参考にしてください。

4-2-1.子供や孫に生命保険をかけて節税する方法

相続税の教科書の4章の2節の1項では、子供や孫に生命保険をかけて節税する方法について説明します。被相続人に子供や孫がいる場合は参考にしてください。

4-2-2.保険金を一時所得で受け取り節税する方法

相続税の教科書の4章の2節の2項では、保険金を一時所得で受け取り節税する方法について説明します。保険金にかかる税金を抑えたい場合は参考にしてください。

4-3.養子縁組とは

相続税の教科書の4章の3節では、養子縁組について説明します。親族以外で財産を相続させたい人がいる場合は参考にしてください。

4-4.教育資金贈与信託とは

相続税の教科書の4章の4節では、教育資金贈与信託について説明します。教育資金贈与信託のデメリットについてもまとめているので参考にしてください。

4-5.小規模宅地等の特例とは

相続税の教科書の4章の5節では、小規模宅地等の特例について説明します。小規模宅地等の特例の要件を満たすと土地の評価額を最大で80%減額することができます。

4-5-1.特定居住用宅地等の特例とは

相続税の教科書の4章の5節の1項では、特定居住用宅地等の特例について説明します。被相続人や被相続人と生計を一にする親族が居住用に使っていた土地を相続する場合は参考にしてください。

4-5-2.家なき子特例とは

相続税の教科書の4章の5節の2項では、家なき子特例について説明します。故人と同居していなくとも一定の要件を満たせば小規模宅地等の特例を受けることができます。

4-5-3.家なき子特例の事例

相続税の教科書の4章の5節の3項では、家なき子特例の事例について説明します。相続する土地に家なき子特例を適用させる場合は参考にしてください。

4-5-4.小規模宅地等の特例の対象となる老人ホーム

相続税の教科書の4章の5節の4項では、小規模宅地等の特例の対象となる老人ホームについて説明します。平成25年度の税制改正により、亡くなる前に老人ホームに入居していた場合の小規模宅地等の特例の要件が緩和されました。

4-5-5.相続時精算課税制度と小規模宅地等の特例

相続税の教科書の4章の5節の5項では、相続時精算課税制度と小規模宅地等の特例について説明します。相続時精算課税制度で土地を贈与することを検討している場合は参考にしてください。

4-6.賃貸アパート建築による節税対策

相続税の教科書の4章の6節では、賃貸アパート建築による節税対策について説明します。賃貸アパート建築のデメリットについてもまとめているので参考にしてください。

4-7.タワーマンション購入による節税対策

相続税の教科書の4章の7節では、タワーマンション購入による節税対策について説明します。タワーマンションの購入がなぜ相続税対策になるのかまとめているので参考にしてください。

4-8.空き家にかかる固定資産税と相続税

相続税の教科書の4章の8節では、空き家にかかる固定資産税と相続税について説明します。平成27年に施行された「空家等対策の推進に関する特別措置法」についてもまとめているので参考にしてください。

4-9.法人の相続税対策

相続税の教科書の4章の9節では、法人の相続税対策について説明します。会社への貸付金債権がある場合は参考にしてください。

5章.相続手続きの流れ

相続税の教科書の5章では、相続手続きの流れについて説明します。死亡した後に必要な手続きについてまとめているので参考にしてください。

5-1.相続の方法

相続税の教科書の5章の1節では、相続の方法について説明します。相続開始を知った日から3ヶ月以内に相続の方法を選択する必要があるので注意してください。

5-2.限定承認とは

相続税の教科書の5章の2節では、限定承認について説明します。相続財産がプラスかマイナスかすぐに判別できない場合は限定承認を選択することがあるので参考にしてください。

5-3.相続放棄とは

相続税の教科書の5章の3節では、相続放棄について説明します。相続放棄のメリットとデメリットについてまとめているので参考にしてください。

5-4.相続税の申告期限

相続税の教科書の5章の4節では、相続税の申告期限について説明します。相続税の時効や延滞税についてもまとめているので参考にしてください。

5-5.税務調査の対応方法

相続税の教科書の5章の5節では、税務調査の対応方法について説明します。税務調査が入った場合、注意しなければいけないことがいくつかあるので事前に確認するようにしてください。

5-6.借地権の相続手続き

相続税の教科書の5章の6節では、借地権の相続手続きについて説明します。借地権を相続する場合は参考にしてください。

5-7.自動車の相続手続き

相続税の教科書の5章の7節では、自動車の相続手続きについて説明します。故人が所有していた自動車を相続する場合は参考にしてください。

6章.相続税還付の事例

相続税の教科書の6章では、相続税還付の事例について説明します。相続税還付によって5,800万円が返金された事例についても紹介しているので参考にしてください。

6-1.共有持分の貸家建付地の不動産評価を見直し相続税還付に成功した事例

相続税の教科書の6章の1節では、共有持分の貸家建付地の不動産評価を見直し相続税還付に成功した事例について説明します。共有名義の貸家建付地を相続した方は参考にしてください。

6-2.マンションの土地に広大地評価を適用して相続税還付に成功した事例

相続税の教科書の6章の2節では、マンションの土地に広大地評価を適用して相続税還付に成功した事例について説明します。マンションの土地を相続した方は参考にしてください。

6-3.農地・畑に造成費控除や生産緑地を適用して相続税還付に成功した事例

相続税の教科書の6章の3節では、農地・畑に造成費控除や生産緑地を適用して相続税還付に成功した事例について説明します。農地や畑を相続した方は参考にしてください。

6-4.自社の株式・株券の純資産評価を見直し相続税還付に成功した事例

相続税の教科書の6章の4節では、自社の株式・株券の純資産価額評価を見直し相続税還付に成功した事例について説明します。自社株を相続税した方は参考にしてください。

相続の税理士選びで失敗しないためのポイント

相続についてどの税理士に相談すれば良いのかわからず悩まれている方は少なくありません。インターネット検索を利用すると相続業務をおこなっている税理士の情報が山のように出てくるので、目を通すだけで一苦労です。結局、税理士の違いがわからず「とりあえず税理士報酬が安い税理士に相談しよう」と考える方が少なくないでしょう。

実は、税理士報酬が相場よりも安い税理士に依頼してしまうと、結果的には損をしてしまう場合があります。税理士報酬は安く抑えられるかもしれませんが、相続税の金額が高額になってしまうのです。税理士報酬が20万円安く抑えられたとしても相続税の金額が100万円以上高額になってしまったら、税理士報酬を安く抑えた意味がありません。

「相続税の金額はどの税理士に任せても同じではないのか?」このように思われている方もいらっしゃるかと思いますが、相続税の金額は税理士によって大きく異なります。特に税理士報酬が相場よりも安い税理士に任せると相続税が高額になってしまう可能性が高いでしょう。税理士報酬が相場よりも安い税理士に任せると相続税が高額になる理由について詳しく知りたい方は以下のページをご覧ください。

相続相談は相続税専門の税理士に任せた方が良い理由

税理士であれば法人税・所得税・消費税・相続税などあらゆる税務に精通していると思われている方が多いのですが、税理士によって得意分野と不得意分野があります。医者に内科・外科・眼科・耳鼻科などの専門分野があるように、税理士にも専門分野があるのです。

相続税申告の経験があまりなくノウハウを持っていない税理士でも相続税の申告手続きはできるのですが、相続税の金額を最大限に減額していない場合があります。相続税の金額を低く抑えるには相続税のノウハウや不動産の知識が必要不可欠なのですが、相続税に不慣れな税理士は相続税のノウハウや不動産の知識を十分に持っていないのです。

相続税の相談をするのであれば、様々な税務に総合的に取り組んでいる税理士ではなく、相続税専門の税理士に相談する方が良いでしょう。相続税専門の税理士に相談した方が良い理由について詳しく知りたい方は以下のページをご覧ください。

相続税の教科書の著者である佐藤和基の経歴

平成19年1月に相続税専門最大手の税理士法人レガシィに入社し、主に相続税を専門に扱う業務に携わります。平成22年に相続税以外の一般的な税務を学ぶため、税理士法人ワイズコンサルティングに転職。平成26年1月に佐藤和基税理士事務所を設立しました。以降、最も得意とする相続税の専門家として特に「相続税還付」に力を入れています。

相続税還付と相続税申告は週に1件ほどのペースで依頼を受けていますが、相続税還付をさらに世の中に広めていくため、平成27年1月に一般社団法人相続財産再鑑定協会を設立しました。

佐藤和基税理士事務所が相続税を専門としている理由

多くの税理士事務所は相続税関連の業務だけではなく、法人の税務顧問や個人の確定申告などの業務をおこなっております。しかし、佐藤和基税理士事務所では相続税に関する業務に特化しております。佐藤和基税理士事務所が相続税を専門としている理由については以下の動画をご覧ください。

相続税還付とは

亡くなってから5年10ヶ月以内であれば相続税申告書の内容を修正し、相続税の還付を受けることが可能です。国税局の統計情報によると平成24年度の相続税還付の金額は東京だけで4億5,500万円に上ります。

佐藤和基税理士事務所が相続税還付の請求をおこなった場合、10件のうち9件以上が還付に成功しており、還付金の平均額は1,000万円以上です。平成29年の還付実績は109,761,800円に上ります。還付可能性の有無について無料で診断しますのでお気軽にお問合せください。

※納税者のうち、相続税を納め過ぎている方の割合は10人中7人ほどになります。

税理士選びで失敗しないためのポイント

相続税の金額は申告する税理士によって大きく異なります。特に税理士報酬が安い税理士に任せると相続税が高額になってしまう可能性が高いでしょう。税理士報酬が安い税理士に任せると相続税が高額になる理由については以下のページをご覧ください。

相続税専門の税理士が良い理由

相続税の相談をするのであれば、様々な税務に総合的に取り組んでいる税理士ではなく、相続税専門の税理士に相談することをお勧めします。相続税専門の税理士に相談した方が良い理由については以下のページをご覧ください。

相続税還付の診断

相続税還付とは、相続税申告書の内容を見直し、多く払い過ぎた相続税分を返金してもらうことです。佐藤和基税理士事務所では相続税還付ができる可能性があるか無料で診断します。