【相続税の教科書】相続税の基本をまとめたサイト

相続税の教科書とは

相続税の教科書とは相続税に関する基本的な知識や節税対策のノウハウについて学べるサイトです。相続税の教科書を運営しているのは佐藤和基税理士事務所です。佐藤和基税理士事務所は相続専門の税理士事務所で、相続税申告の実績が豊富です。初回相談は無料で承っておりますので、お気軽にご相談いただきますと幸いです。

相続税の教科書はこのような方におすすめです

相続の知識やノウハウを学びたい方

相続の準備をしないまま突然相続が発生してしまうと相続争いが起きてしまったり相続税が払えず困ってしまうことがあります。相続税の教科書では遺産の分け方や相続税の計算方法などについてまとめています。当サイトをご参考にしていただき、相続が発生しても困らないようにしっかりと準備されることをお勧めします。

相続税をできる限り節税したい方

相続税を節税する方法は数多くあります。相続税対策を始める時期が早ければ早いほど多くの節税手法を活用でき、相続税を安くすることができますので早いうちから相続税対策を始めることをお勧めします。相続税の教科書では節税ノウハウについてもご説明しておりますので、ぜひご参考にしてください。

相続税の還付請求をおこないたい方

既に申告済みの相続税申告書の内容を見直し、相続税の金額を下げられることがわかった場合、払い過ぎていた分を税務署から返金してもらうことが可能です。払い過ぎた分を請求することを「相続税の還付請求」と言います。相続税の教科書では相続税還付の成功事例についても紹介していますので、ご参考にしてください。

相続税の教科書の構成

相続税の教科書は8章で構成されています。各章の概要は下記のとおりです。

1章.相続関連の法律

第1章は相続関連の法律についてまとめています。民法や相続税法の規定について知りたい方、最新の税制改正の内容について知りたい方はご参考にしてください。

2章.相続財産の評価方法

第2章は相続財産の評価方法についてまとめています。不動産・株式・生命保険金等、故人の財産をどのように評価すれば良いのか知りたい方はご参考にしてください。

3章.遺産分割の方法

第3章は遺産分割の方法についてまとめています。遺産をどのように分ければ良いのか知りたい方、遺言書の作成方法について知りたい方はご参考にしてください。

4章.相続税の計算方法

第4章は相続税の計算方法についてまとめています。相続税を納税する必要があるのか知りたい方、相続税を計算する方法について知りたい方はご参考にしてください。

5章.相続税の節税対策

第5章は相続税の節税対策についてまとめています。様々な節税手法についてまとめていますので相続税を節税したい方はご参考にしてください。

6章.相続手続きの流れ

第6章は相続手続きの流れについてまとめています。相続に必要な手続きの流れについて知りたい方はご参考にしてください。

7章.相続税還付の事例

第7章は相続税還付の事例についてまとめています。申告書のどのような点を見直し、いくらお金が戻ってきたのか解説しておりますので、相続税還付について関心がある方はご参考にしてください。

8章.相続関連の用語集

第8章は相続関連の用語集についてまとめています。相続関連の用語の意味を五十音順に解説しておりますのでご参考にしてください。

相続税の金額を最大限安くできる税理士事務所

「相続税の金額はどの税理士に任せても同じではないのか?」このように思われている方もいらっしゃると思いますが、実は相続税の金額は税理士によって大きく異なります

なぜ税理士によって相続税の金額が異なるのかというと、それは現金預貯金や有価証券以外の相続財産の評価が難しいからです。特に不動産の評価は一筋縄ではいきません。土地は一つとして同じ形のものはなく、10の土地があれば10通りの形があります。利用方法も千差万別です。そのため、税理士によって評価額が大きく異なってしまうのです。

実際に当事務所では他の税理士が申告した相続税の金額を見直し、相続税の金額を大きく下げた実績が数多くあります。下記は当事務所が相続税の金額を見直した事例の一部です。

当初申告時の相続税 見直し後の相続税  還付された金額  
20,000,000円 19,650,000円 350,000円
2,510,000円 710,000円 1,800,000円
222,030,000円 217,130,000円 4,900,000円
15,250,000円 8,890,000円 6,360,000円
103,260,000円 73,880,000円 29,380,000円
40,000,000円 4,000,000円 36,000,000円

相続税の金額は税理士によって3,000万円以上の差が生じてしまう場合があります。なお、相続税の金額は亡くなってから5年10ヵ月以内であれば申告し直すことができます。当初申告時の金額と見直し後の差額は税務署から返金してもらうことが可能です。相続税を返金してもらうことを「相続税還付」と言います。

佐藤和基税理士事務所は相続税専門の税理士事務所で、相続税を安くするノウハウを豊富に持っています。相続税の金額をできるだけ安くしたい方はご相談ください。なお、初回相談は無料ですのでお気軽にお問合せいただければと思います。

なお、既に申告済みの相続税の金額を安くすることができないか確認したい方は「相続税還付の無料診断」をお申し込みください。相続税申告書一式をお送りいただければ、相続税の金額を下げられないか無料で確認します。

相続の税理士選びで失敗しないためのポイント

相続についてどの税理士に相談すれば良いのかわからず悩まれている方は少なくありません。インターネット検索を利用すると相続業務をおこなっている税理士の情報が山のように出てくるので目を通すだけで一苦労です。結局、税理士の違いがわからず「とりあえず税理士報酬が安い税理士に相談しよう」と考える方が少なくないでしょう。

実は、税理士報酬が相場よりも安い税理士に依頼してしまうと結果的には損をしてしまう場合があります。税理士報酬は安く抑えられるかもしれませんが、相続税の金額が高額になってしまうのです。税理士報酬が20万円安く抑えられたとしても相続税の金額が100万円以上高額になってしまったら税理士報酬を安く抑えた意味がありません。

なお、「相続税の金額はどの税理士に任せても同じではないのか?」と思われている方もいらっしゃると思いますが、相続税の金額は税理士によって大きく異なります。特に税理士報酬が相場よりも安い税理士に任せると相続税が高額になってしまう可能性が高いでしょう。税理士報酬が相場よりも安い税理士に任せると相続税が高額になる理由について詳しく知りたい方は以下のページをご覧ください。

相続相談は相続税専門の税理士に任せた方が良い理由

税理士であれば法人税・所得税・消費税・相続税など、あらゆる税務に精通していると思われている方が多いのですが、税理士によって得意分野と不得意分野があります。医者に内科・外科・眼科・耳鼻科などの専門分野があるように税理士にも専門分野があるのです。

相続税申告の経験があまりなくノウハウを持っていない税理士でも相続税の申告手続きはできるのですが、相続税の金額を最大限に減額していないことがあります。相続税の金額を低く抑えるには相続税のノウハウや不動産の知識が必要不可欠なのですが、相続税に不慣れな税理士は知識やノウハウを十分に持っていないのです。

相続税の相談をするのであれば様々な税務に総合的に取り組んでいる税理士ではなく、相続税専門の税理士に相談する方が良いでしょう。相続税専門の税理士に相談した方が良い理由について詳しく知りたい方は以下のページをご覧ください。

税理士選びで失敗しないためのポイント

相続税の金額は申告する税理士によって大きく異なります。特に税理士報酬が安い税理士に任せると相続税が高額になってしまう可能性が高いでしょう。

相続税専門の税理士が良い理由

相続税の相談をするのであれば、様々な税務に総合的に取り組んでいる税理士ではなく、相続税専門の税理士に相談することをお勧めします。

相続税還付の診断

相続税還付とは、相続税申告書の内容を見直し、多く払い過ぎた相続税分を返金してもらうことです。佐藤和基税理士事務所では還付できるかどうか無料で診断します。